オルソケラトロジー

高機能なのに低費用です

目をみる

少し前までは視力回復を行うために、レーシックが多く利用されていました。 レーシックは確かに視力回復には高い効果をもたらす方法ではありますが、手術を行いますのでリスクも高くなりますし、多少の痛みも伴うことがあります。 ですが、最近ではオルソケラトロジーという視力回復法が注目されています。 専用のコンタクトレンズを装着して眼球にへこみをつけることによって、眼球を矯正させる視力回復法です。 治療費や専用のコンタクトレンズ料金などを含めますと、費用は約15万円ほどかかります。 長期的に普通のコンタクトレンズを使用する場合と比べますと、オルソケラトロジーの方が費用が安く済みますし、視力回復できるコンタクトレンズであることを踏まえましてもメリットが多いのです。

世界中で利用されています

オルソケラトロジーによる視力回復法は、日本だけでなく世界中で多く利用されています。 日本では最先端の視力回復法ではありますが、意外にも世界では古くからオルソケラトロジーによる治療が行われていました。 現在でも高い注目を浴びている理由は、煩わしさがないことと利用のしやすさです。 夜眠る前に専用のコンタクトレンズを装着し、そのまま朝まで眠ります。 たったそれだけで、翌朝にはコンタクトレンズを外せば、視力がずいぶん回復しているのです。 これを毎日続けることによって、徐々に長時間の視力回復が可能になってきますので、裸眼で日常生活を送ることのできる快適さを劇的に感じることができます。 ですから、特に世界で活躍するスポーツ選手などは、オルソケラトロジーを利用して視力回復を行っている方も多いのです。